2017年4月11日火曜日

ワイヤー口金のボストンバッグをつくる

2,3年前に買った福袋にどでかいワイヤー口金が入っておりました。
こんなでかいの使わんわーいらんわーと思っていたのですが、
今回思い切って使ってみたら、思いのほか良いのができますた。
というわけで、ワイヤー口金のボストンバッグをつくりました。
わぁー。思いのほか。
わわわぁー。思いのほか。

ワイヤー口金もここまで大きくなると、案外重さがありまして。
なので重みでバッグがぐちゃっとなってしまわないように、内布はキルティングで。
底には「そこぬえーる」も使いました。あ、ミシンで縫える底板のことね。
内ポッケは大きめサイズのを2分割にして。贅沢にポッケ布も猫布にしたよ。

持ってみる。

肩にかけてみる。
思いのほか。


おちびちゃん、昨日病院へ行って抜糸をしてきました。
帰りの車中でぱちり。
これが標準装備なのに、セーター姿を見慣れてしまったせいで
ヒジョーに裸感を強く感じてしまう。
おちびはとてもお利口で、傷口を気にしてひっかいたり舐めたりは一切なく、
1週間たった昨日の時点でもおなかのテープはばっちりくっついたままでした。
そのためテープかぶれが酷くてまっかっか。
お利口だったのに、なんだか理不尽。


ランキングに参加しています。ぽちっとしていただけたらさらに頑張ります。
いろいろなハンドメイドブログランキング参加用リンク一覧

0 件のコメント:

コメントを投稿