2014年9月27日土曜日

帰ってきたちびねこさん

今日の朝一でちびねこさんのお迎えに行ってきました。
家についてもしばらくは全然落ち着かなくて、
歩き回るのだけど、病院で装着されたカラーがいろんなところにひっかかってうまく歩けない。
おちっこで脚が汚れてしまったようで、それを気にしてぺろぺろ舐めようとするのだけど、
カラーの内側を舐めてるだけなので一向に脚はきれいにならなくて毛繕いが終わらない。
これではさぞかし不便だろうと思って、私のタイツをぶった切って作った簡易術後服を着せてみたら
押さえつけられてると思ったのか、コロンと横になってしまって身動き一つとれなくなった。

仕方ないのでまたカラーに切り替えて様子を見ていたら、今度はおトイレへ。
でもカラーがあるせいで砂も上手にかけないし、しばらくすると癇癪を起したのか
すごい勢いで砂をまき散らし、部屋はねこ砂まみれに。
普段入ってる押入れの隙間には何かが(カラーなんだけど)つっかえて入れないし、
コテージに登ろうとしても何かが(カラーなんだってば)邪魔してうまく登れない。
脚だっていつまで舐めてもきれいにならない。
きっとイライラしてるんでしょうね。

でもある程度じたばたしたら疲れが出てきたのか、ようやくベッドでお休みタイムとなりました。
姉から「母が猫の心配をしてるよ」とメッセージが入り、(母は今姉のところへ旅行中)
電話で話したのだけど、話し終わってから気付いたのは
ちびねこさんのことはもちろん気にかけてくれているけれども、
二人が心配してるのは、私がオロオロしすぎてないかどうかということなんだな、きっと。
しっかりしなきゃ。かあちゃんなんだから。

一度目は術前の血液検査の結果が良くなくて手術できず。
そして心臓と肝臓が生まれつき弱いんじゃないかということが判明し。
いろんな人に、いろんな意味で心配をかけてしまったちびねこさんの避妊手術。
とりあえずひと段落といったところでしょうか。

ちびさん、よくがんばったね。


0 件のコメント:

コメントを投稿